滋賀の思い出

c0190960_7282548.jpg


街を歩いていると、新入社員ってひとめでわかりますよね。

一生に一度しかない新卒の新入社員。
心の中でエールを送りながらみています。

以前にも書いたけど、わたしは入社1週間で研修先の滋賀県の病院に入院するという事態になりました。
毎年4月になるたびに思い出してしまうわ。

10日ほどの合宿研修で、今の時代なら超ブラックといわれるだろうけど、研修は9時頃から21時頃まで続き、その後課題やグループ作業やスキンケアの復習(化粧品会社のため)などあり、毎日3~4時間くらいしか寝られなかったと思う。

しかも初めて会った県外の同期入社の方とふたり部屋。
入院で途中離脱とはいえよくやったわね~。

1週間ほどたったある夜中、激しい腹痛で病院に運ばれると「盲腸の可能性があるので明日手術かも」といわれ・・・しかし翌日「急性腸炎でした」
あれれ。

4~5日入院したので腸炎にしては重かったのか、県外だったのでそうなったのか、記憶はおぼろです。

当時入院したのは滋賀県の蒲生町病院というところ。
今ふと検索してみたら、蒲生町は東近江市になり、病院の名前も変わっているようでした。
忘れないわ蒲生町(がもうちょう)という名前。

同期入社のメンバーより1週間以上遅れて新潟支店に配属されたわたしを、先輩社員たちはどういう思いで迎えたのか、と思うと、よくしていただきありがたい限りです。


新入社員のみなさま、新卒ではなくても4月から新生活のみなさま、からだを大切にお過ごしくださいね☆
これまで通りの生活のみなさまも☆


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-04-04 08:01 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)