読んだ本記録 若松英輔さん4冊

昨年(2016年)読み終わった本75~78冊目。


『悲しみの秘義』


『生きていくうえで、かけがえのないこと』


『言葉の贈り物』


『緋の舟』往復書簡 志村ふくみ・若松英輔

4冊とも、何度も読み返しているところで、読み終わった本という感覚がないのです。
読むたびに、同じ言葉のはずが違う響きで語りかけてくる。

若松英輔さんが新潟にいらしたイベントに2度参加しました。

『悲しみの秘義』刊行記念、若松英輔さんトークイベントに参加しました
 「若松英輔さんとの読書会」に参加しました(北書店)

若松さんは、読書は量より質と何度もおっしゃっていました。
「読む」ことと「書く」ことは呼吸のように一体なのだとも。

これからも、言葉を深めていきたい。
自分のなかで。

書くことは、まだまだ難しい。

--------------------------------------------------
お気に入り度★★★★★

by amica-aroma | 2017-02-15 07:23 | 読書記録 | Comments(0)