胃カメラ日記

昨日は胃カメラ検査を受けました。

胃は、人生で一度も痛みを感じたことがなく、きりきりしたりむかむかしたりしたこともありません。
鎮痛剤などと一緒に胃が荒れないようにと胃薬を出されたりするのも意味わからなかった。

就職したときにバリウム検査を受けて二度と無理、と思いその後28年一度も胃の検査をしたことがありませんでした。

そんな中、先日の大腸の内視鏡に続いて胃も受けることに。
大腸内視鏡5連休日記

正確には食道と胃と十二指腸の内視鏡検査。


大腸カメラはまわりに経験者が少なかったのですが、胃カメラはたくさんいて、みんな口々に「ぜんぜん痛くない」「苦しくないよ大丈夫」「あっという間に終わる」「楽勝」と聞いていたので、楽勝とまではいかなくてもなんとかなるだろう、と思っていました。

でも楽勝どころじゃなかったよ?
そういえば、みんな「上手な人にやってもらうと」と前書きをつけていたっけ?

最初に胃をきれいにするという液体をのんで、その後水あめみたいなものをスプーンで口に入れられました。

それが喉の麻酔の役目のようですが、あまり効かなかったのか、それともみんなこんなものなのか、喉は1日たった今でも痛いのだよ。

しかもその水あめ後がもう苦しい。
ふらふらするし息ができない感じがする。

看護師さんは「ふらふらすることは絶対にありません。息ができない感じがするだけで息はできます」と言いながら肩に注射を1本。
これは胃の動きを止めると言ったっけ?定かでないがそんな感じ。

そしていよいよ口からカメラを入れる段に。

これはあまりの苦しさに表現できません。
まったく生きた心地しなかった。

みんな楽勝だって言ってたじゃん?
痛くないって言ってたけどものすごく痛いじゃん?
5分くらいって聞いていたけど15分くらいはかかったよ?

わたしが抵抗したからではありません。
先生にも看護師さんにも「とても上手ですよー」と10回以上言われたのはなだめるためじゃないと思う。
おとなしくされるままになっていたし。
(たまに手を動かしてしまったが・・・)

そして11時すぎには帰宅しましたが、夜まで一度も起き上がれず寝こんだという。

午前中に終わるから映画に行こうかな、とか思っていたわたしがバカであった。


あとからネットで他の方の体験記などを読んで比べてみるに、圧倒的に麻酔が少ない。
あとはやっぱり上手下手はあるのでしょうか?
とってもかわいらしい、娘くらいの若い先生だったけど・・・

二度とやりたくないので、一度も痛くなったことはないけど胃にやさしい生活を心がけよう。


さて、わたしの胃の中がものすごくきれいだったお話はまた明日。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-12-21 07:42 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)