雑誌オタク

c0190960_22174556.jpg


今日は朝から晩まで眠り続けてしまいました。
まだよくもこんなに眠れるものだなぁ。

夜になり、また普通に眠れそうですー。


さきほどNHKニュースで大宅荘一文庫の危機について特集していて、とても興味深く見ました。

インターネット普及によって利用者が減ったという。
簡単に情報検索が可能になった現代を『第二次一億総白痴化』と評する声も。

レベルがあまりに違うので例に出すのはおこがましいが、本や雑誌を保管するにはお金がかかることは痛感しています。

わたしは大宅荘一文庫を利用したことはないですが、存続を願います。


片づけ好きを公言していますが、雑誌をなかなか捨てられなくて、実は実家に大量の「Olive」、「CLIQUE」、「anan」を保管しています。
どれも泣く泣く半分以上を捨てて、特にお気に入りの号のみ残してありますがそこそこの数がある。

「CLIQUE(クリーク)」は1989~1996年にマガジンハウスから刊行されていたもので、当時とても好きだったのです。
「anan」は1983~1988年ごろのものをメインにとってあります。
実家に行くたびに1~2冊抜き取っては捨てているので、「anan」は20冊程度に減っていると思いますが。

たまたま撮影した手持ちの「anan」の画像がありましたから今日の画像にしました。

表紙の文字が興味深いですねー。
 読者アンケート集計発表 あなたの好きな年上の女
 あの人みたいになれないけどなりたい
 いしだあゆみさん 佐藤友美さん 松任谷由実さん
ですって!

最近のものではリニューアル前の「ku:nel」、松浦弥太郎氏が編集長時代の「暮しの手帖」もほぼコンプリートしています。
(「ほぼ」というのはどちらも2冊くらいないような気がするから・・・)

大宅荘一文庫のニュースをみながらそんなことを思い出し、「どうしたもんじゃろのぉー」と思うのでした。
(朝ドラ風)

そのうち雑誌図書館でもしますかー。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-06-16 22:31 | 日記・雑記 | Comments(0)