『ガケ書房の頃』発売記念クロストーク@北書店

c0190960_22323167.jpg


今日は北書店でおこなわれた『ガケ書房の頃』発売記念クロストークというイベントに参加してきました。

『ガケ書房の頃』の著者山下賢二さんがいらっしゃるというので、絶対にお話を聞きたいと思ったのです。
現在はホホホ座の店主でいらっしゃいます。

読んだ本記録 『ガケ書房の頃』

本の内容に沿って、これまでのお話を生でお聴きすることができました。

お話はおもしろいし、山下さんはかっこいいし、北書店の佐藤店長との書店トークも聴き逃せないものだったのですが、予想以上に長くて、途中から「この知らない方たちばかりの中でバタンと倒れてしまう可能性がある・・・どうしよう」ということばかり考えていました。

19時過ぎからスタートして21時半ごろ終了。

そのあとサイン会があるらしかったり、お知り合いの方が多かったりするらしく、みなさまがお店の中ほどにいらっしゃるなか、山下さんが入り口付近にいらしたのでごあいさつをしてまっさきに帰らせていただきました。

もっといたかったけど倒れたらまずいので。

そのとき山下さんに、「本はホホホ座さんから買ったので今日は買わなくてすみません」と言ったら「何か書きましょうか?」とおっしゃってくださり、「ここで買わないのに佐藤さんすみません」と遠くから言いつつサインしていただいたのが上の画像です。

ホホホ座で買ってついてきたおまけ原稿はもう品切れだそうで、貴重です。

お話しながら近くでお顔をみたら、かっこいいのはもちろんですが、ものすごく目がすきとおって美しくてひきこまれてしまい、気のきいたことも何も言えなかったばかりでなく、まさかの「ちょっと疲れちゃったので早く帰る」みたいなことも言っちゃって、しょんぼり。

どうしてせめてもっとマシなことが言えないのだわたしよ!

『ガケ書房の頃』は今年ナンバー1のお気に入り本で、こんなにおもしろくて文章もうまくて素直な素敵な本に出会えてよかった、そしてその著者にもお会いできてよかった。

本好き、本屋好きにはもちろんのこと、そうでなくてもおもしろく読めて考えさせられることもたくさんある本だと思うので、おすすめです。

あ、ちなみに今日山下さんもジュンク堂で検索して置いていなかったと言っていましたが、ジュンク堂やTSUTAYAではわたしも見つけられていません。
Amazonでも品切れ中の様子。

ということで北書店へGo!

と言いつつわたしは北書店へはたまにしか行かないようにしている。
欲しい本がありすぎて、お金がぜんぜん足りないからです。

今日もトークの前の15分ほど店内をみて、軽く20冊は欲しい本が見つかりました。
「おもしろそう」レベルではなく「買わなきゃ」レベルの本が・・・
毎日行くジュンク堂では見かけない本がほとんど。

わたしにとって危険スポットなのです・・・
しかし探していたリトルプレスがあったので近いうちに行かなくてはならぬ。


帰宅して、だいぶ体調よくなりました。
ありがとうございました!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-06-11 23:10 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)