三度豆

c0190960_22233385.jpg


父が庭で作ったさやえんどうが、信じられないくらい甘くておいしくて、これまで食べていたものは別なものなのでは?と思うくらい。

今日実家でアロマ講座があり行ったのですが、両親は留守で、さやえんどうと手紙が置いてありました。


さやえんどう、スーパーでは「きぬさや」という名前で売られていることが多いようですね。

うちでは「三度豆」と呼んでいます。

年に3度収穫できる豆のことをそう呼ぶそうで、どの種類の豆をそう呼ぶかは地方によっても違うようですが、子どもの頃は1日に三度採れるものだと思っていました。

ぐんぐん成長して、たくさん採れるからということで。
確か親にもそう教わったと思うけど、バカな子どもだったから間違えて覚えたのかもね。

だから三度豆の季節になると庭に出て、ずっと観ていた。

しかし(あたりまえだけれど)ぐんぐんと伸びる過程が見えるわけでもなく、気がつくとまたたくさん収穫できる・・・そしてすじをとる作業を大量にまかされる、という毎日だったのでした。

実家の庭の三度豆は今日で最後だそうで、今夜のお味噌汁に入れて終了。

わたしは自分で野菜を作ったりしないので、ありがたくいただきました。

父が作ったものでなくても、スーパーで買ったものでも、自分ではとうてい作ることができないと思うとありがたい限りです。

妙な偏見で産地を選んだりせず、自分の近くまでやってきてくれたものを大切にいただくことにしたいと思っています。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-05-27 23:05 | 日記・雑記 | Comments(0)