精油1滴という「単位」

昨日「サイエンスカフェにいがた」に参加して、「単位」についてのお話をお聞きしながら考えていました。

「第85回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

アロマテラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)の最小単位は1滴です。

書籍で紹介されるレシピなどにも1滴2滴と表示されています。

わたしたちにとっては日常的なことですが、初めて見る方は、もしかしたら少し戸惑うのかもしれないですね。

精油のボトルにはドロップ栓という中ふたが付いていて、1滴ずつたらして使います。

便宜上1滴は0.05mlで計算することになっていますが、実際にはぴったり0.05mlとはいかないはずです。

精油の粘度やたらし方にもよるでしょうし、ある程度の幅はあるが0.05mlで計算しておけば問題ないであろう、ということなのだと思います。

NARD JAPAN発行の『ケモタイプ精油事典』によると1滴=0.035~0.048mlだったとのこと。
精油の種類によって違いがあることも示されています。

また、ヨーロッパの薬局では1滴=25mgで計算されているそうですから、同じ「1滴」といってもその場その場でずいぶん違ってくるのかな、と思います。


ひとつ何かを学ぶとどんどん枝分かれして知りたいことが増えて、次々と課題がやってきます。

それを十分に楽しみたいと思います。


昨日の「サイエンスカフェにいがた」の内容は下記まとめで読むことができます。

はかる,かぞえる,… 単位の古今東西/山崎 昶さん サイエンスカフェにいがた第85回


まとめサイトがどんどん増えて、そういうものにも縁の深い会社で働いているというのに、なかなかついていけていないです。

Twitterも慣れないまま・・・まぁいいですよね。(開き直り!!)

じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-04-26 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)