『環境カオリスタ』

c0190960_211633100.jpg


今日は友人とゆっくりランチ&お茶。
いつまでも話は尽きず、親しい友人と話すのが何よりのリフレッシュになります。ありがたい。


さて。
昨日公民館サイエンスカフェに参加した際、里山の利用についてのお話がありそれで思い出しました。

 →公民館サイエンスカフェ第2回

里山のことは何かで勉強したっけ→環境カオリスタだ!!


環境カオリスタというのは、AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)がおこなっている環境カオリスタ検定を受けると認定されるもので、『植物やその香りの恩恵、植物を育む地球環境と地球が現在抱えている諸問題、さらには環境にやさしい身近なエコアクションについて学び、実践するための検定』(サイトより引用)です。

わたしは導入されてすぐ受検し、2010年1月の日付の認定カードを持っています。
テキストで勉強して自宅受験できる検定なのです。

その環境カオリスタのテキストで「里地里山」という言葉が出てきて、初めてその知識を得たのでした。

上の画像は改定版ですが、わたしが勉強したときのテキストを見てみたら、多くの箇所に強力に赤いアンダーラインがひいてあり、けっこう勉強した跡がある。
すっかり忘れていました。

この機会に再度環境カオリスタのテキストを読み直してみることにします。


昨日の講座のテーマは、『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』ということで動物の話題でしたが、地球について考えることは、植物を使うアロマテラピーともリンクする部分が多い、と改めて感じました。


環境カオリスタについては、サイトがあります。

 →環境カオリスタ交流サイト 「環境カオリスタnet」

分子生物学者の福岡伸一さんや脚本家の倉本聰さんなどのインタビューもあったり、役立つサイトです。


環境カオリスタのテキストは新潟では、新潟三越6Fの「生活の木」さんで取り扱っています。

わたしのところでも注文できますので興味のある方はお声かけください。
どなたでも、在宅受験できます。

環境カオリスタ検定についての詳細は→環境カオリスタ検定受験要項(AEAJサイト)


興味も勉強したいこともどんどんつながっていくので、時間は足りないさー。

勉強して、人に伝えることのできるのはあと30年として・・・足りなすぎるっ!
本当に足りない。

アロマ講師として現役でなんとかあと50年できないかしら。(本気!)


昨日の公民館サイエンスカフェの様子はまとめサイトへ。
 →『なぜクマは大量出没するのか? ~野生動物と人間の共存について考える~』山本麻希さん/新潟市東公民館サイエンスカフェ(2015/02/07)


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-02-08 21:44 | 日記・雑記 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)