読んだ本記録 『街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。』

2014年読み終わった本22冊目。


『街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。』堀部篤史

毎年年末になると、お正月に読みたい本を買いに行きます。

今年のお正月用に買った2冊のうちの1冊がこれ。

お正月に読みましたが、感想を書くのが遅くなってしまった。
まだ1月に読んだ本も記録しきれていない。


恵文社一乗寺店の店長の著書。

ずっと注目していて、webでは購入したりしているものの、京都にあるので実際に行ったことはない憧れの本屋さんです。

第一章ではご自身が店長をされている書店の話、第二章では京都という場所でのお店経営について、いくつかのお店の例を出しながら書かれています。

次々と様々な新しい(または新しいように見える)サービスが出現している世の中、長い間人の心をとらえる商いとはどういうものか、じっと考えてしまいます。


最近書店についての本をけっこう読んでいます。

そこで働いているわけではないけれど、書店とともに生きてきた人生。
旅先でも日常でも、外出して書店に行かない日はないのですから。

どんなに電子書籍が普及しても、そのうちわたしも日常的に使用するようになるとしても、紙の本はなくならない。

わたしのように、物としての本が好きという人、「本屋さんに行く」という行為自体がやめられない人はたくさんいると思うから。


京都は15年ほど前に出張で行って以来。

また行きたい。
夫婦で行っても楽しめそうだし。

恵文社に行くときは単独行動で行きたいけれど。
マイペースで。

--------------------------------------------------
『街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。』堀部篤史
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2014-04-20 11:35 | 読書記録 | Comments(0)