読んだ本記録 『だれかの木琴』

2014年読み終わった本19冊目。

『だれかの木琴』井上荒野

怖かった。

ある主婦の日常といえばそうだけれど、怖い。

恋愛ならばいいのだ。
どんな恋愛でも恋愛だという理由で納得できる。

でもこれは度も恋愛ではないらしい。

なぜこのような狂気が発生してしまったのか最後までわからなかった。
べつに物語なのだからわかる必要もないのだけれど。

誰にでもこういう執着心はあるのだろうか。


好みとはいえなかったけれど、いつも通り巧い、とうならせられる小説でした。

--------------------------------------------------
『だれかの木琴』井上荒野
お気に入り度★★☆☆☆
by amica-aroma | 2014-04-13 09:10 | 読書記録 | Comments(0)