読んだ本記録2013年最後まとめて

2013年119~122冊目に読み終わった本。

もう今日で2月が終わりだというのに、生理と風邪でほとんど寝込んで終わったし、いまだに2013年の読書記録も終わっていないという。

無理矢理今日で終わらせよう、ということで、昨年読んで記録を書いていない最後の数冊を一気に。

どれも、とてもよすぎてなかなか感想が書けないまま、なかには1年以上たってしまったもの。


『手の治癒力』山口創

これ、昨年ではなく一昨年(2012年)の終わりから読んだかも。
そして、昨年も再読。

トリートメントに関わる人は必読。



『誰も言わなかったアロマテラピーの本質(エッセンス) 新しい視点で見直すアロマテラピー集中講義』高山林太郎

昨年5月頃読みました。
読みながら緊張しっつぱなし。

今でも本棚のこの本をみるだけで緊張する。
いい意味で緊張し、気が引き締まりました。

仕事としてアロマテラピーに関わるすべての人に、高山先生からの心からのメッセージ。

本当の初心に戻って、すべての勉強をやり直すという構えができました。



『善き書店員』木村俊介

これもあまりにもよくて、なかなか感想が書けなかった。

よいんだからそれを表現したいのであるが表現力がなさ過ぎて。

書店員の話ではありますが、「善く働く」とはどういうことかを考えさせられる。



『ほんじつ休ませて戴きます―人生最晩年、あふれ出た愛の言葉集』さかもとけんいち

NHKでみてから気になっていたこの方の本。
11月頃読みました。

泣ける。
夫婦の愛ってすごい。
お金じゃなく、心豊かに生きることの大切さ。

さかもとさんは90歳の古書店店主。
本への愛も共感。

とにかく善き本でした。


ということで2013年の読書記録終わり。

昨年は122冊。ちょうど3日で1冊ペースでした。
9月から図書館通いを始め、冊数が増えました。

本当は記録のほかにさらに多くのアロマ本や片づけ本を読んだのですが、それはもう置いておいて。

今年は(ってもう6分の1が終わったけど)もっと厳選してきちんと読み、アウトプットもできるようにしたい。
by amica-aroma | 2014-02-28 07:10 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)