読んだ本記録 『アロマのある空間』

2010年69冊目に読み終わった本。


『アロマのある空間―五感に響く、香りマーケティング』片岡郷

アロマを儲かりビジネスとして確立したお話。

アットアロマ社の社長が書かれた本です。

アロマ空間デザインという言葉を前面に打ち出し、富士屋ホテルやLEXUS、SHIPS、ANAなど多くの企業に
香りを導入しています。

首都高の事故削減にも使われているそうで興味深い。

新潟ではビルボードプレイスのSHIPSでいい香りがするのでこの会社の功績に接することができますね。

この本では各企業の香りへの取り組みを中心にアロマ空間デザインのビジネス戦略が書かれています。

わたしが日々取り組むアロマテラピーとは違う観点もありますが、参考になることがあると思い読みました。

専門家の先生のインタビューも複数収録されており説得力があります。



アットアロマ株式会社は旧エアアロマ。

以前アロマショップで働いていたときには、この会社の各種ディフューザー、車用のドライブタイムなど多くの製品を扱っていたので常に身近にありました。

ついてくる精油が合成くさくて好きになれなかったのですが、今は新ブランド立ち上げで社名も変更し、天然のアロマにこだわっているよう。

どこかで機会があったら嗅いでみたいと思います。



どちらにしろ、香りがこれからのわたしたちの暮らしの中でどんどん重要な位置を占めるようになることは間違いないでしょう。
by amica-aroma | 2010-11-30 06:55 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)