読んだ本記録 『スピリチュアリズムを語る』

2010年22冊目に読み終わった本。


『スピリチュアリズムを語る』江原啓之

まさに「スピリチュアリズムを語る」ということで、これまであまり公にされてこなかったであろういろいろなことが書かれています。

江原さんってこんなに厳しいことを言う人でしたっけ?という感じ。

自分は本物だけれど他の霊能者の多くは偽者…的なこともたくさん書かれており驚きました。

本物はそういうことを言わないのでは?とも思いますが、そのあたりはよくわかりません。
あえて厳しく批判する姿勢かも。

わたし自身は霊的レベルが低いせいか(?)読むのが苦しくてやっと読み終わったのですが、Amazonの書評ではかなり絶賛されているのですね。

とにかく読むのが苦しかったー。
じゃあ読むなよって感じですが。

人生まだまだってことなんですかねー?
by amica-aroma | 2010-04-01 21:07 | 読書記録 | Comments(0)

ぐだぐだな日記毎日更新中。


by amica(あみーか)