読んだ本記録 『多読術』

2009年20冊目に読み終わった本。

『多読術』松岡正剛

昨日東京に行く始発の新幹線の中で読み終わりました。
対話形式で書かれているので意外に読みやすく
ちょうど新幹線の2時間で読み終わった感じでした。


「多読術」といってもたくさんの本を読むにはどうしたらよいかという
ノウハウが書かれているのではない。
この本を手に取る人はわたしを含めてすでに多読している人だと思う。
松岡正剛氏の言葉を使えば「酒豪」ならぬ「本豪」。
活字中毒のひと。


本の世界はまだまだ広く深く、もっと森の中へ入ってみたい、となると
やっぱり長生きしなくては。

松岡氏は午前3時以前には寝ないのだそう。
なんでも「読書というもの、夜に根っこをのばすんです。」とのこと。
10時に寝て5時に起きるわたしには真似できない生活ですが
ちょっとそうかもね、と思わせるところもありますね。
(根拠ないけど)

旅に持っていった本を読み終わったり、別な本が読みたかったりすると
旅先で買わなくてはならなくなります。
(なにしろ本なしで過ごせるのは2分くらいでしょうから)
荷物は常に重く、どこの町でも書店に行っています・・・
普段なら選ばない本を選んで失敗もありますけどね。
by amica-aroma | 2009-05-13 06:21 | 読書記録 | Comments(0)