精油ポーチ

精油は木箱とポーチに入れて保管しています。
今ある開封済のものがだいたい70本程度。
多いときには80本近くになってしまう。

木箱に入らないものをグリーンフラスコの精油用ポーチに入れていて、これが中がしきってあって本当に便利なのですが、10年以上愛用しているのでさすがに見た目が人前に出すのはちょっと・・・の状態になってきました。

写真撮ってみたけど、うーん。
年季入ってるっていうか、見た目かなりきてる。

なので画像はAmazonさんからお借りしました。

グリーンフラスコのポーチ↓


布の劣化であって汚れではないから洗ってもきれいにはならない。

でも機能上何の問題もなく、たくさんの本数が入り持ち運びにも木箱より便利だし、黒が白っぽくなってきたからといってなかなか捨てる決心はつかない。

この10年、外で講座のときには常に持ち歩いてきたポーチなのです。

そう、わたしは片づけ好きと言いつつ、ものを捨てられない女。

同じものを買い替えようかと思い検討しているところに、つい生活の木のポーチを買ってしまい・・・

生活の木のポーチはこちら(こちらもAmazonさんから)


これはこれで価格もお手ごろでとてもよかったのですが、やっぱりグリーンフラスコのものがほしい。

普段使う精油の本数(種類)をもう少し減らそうと思っているのですが、講座になるといろいろ紹介したくなってしまいつい。

でもそれはわたしの自己満足かもしれないですよね。

基本の精油をしっかり学んでいただけるよう、ご紹介する精油を厳選して、資料もしっかり作りたいと思います。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-08-06 09:23 | 日記・雑記 | Comments(0)

ラヴィンツァラとともに

今月(まだ終わってないけど)、いちばん活用した香りはラヴィンツァラでした。

感染症予防に、また風邪をひいてからの鼻や喉の症状を楽にしてくれる効果に、と大活躍。
(わたしにとって今回予防にならなかったことは置いておいてね。ラヴィンツァラちゃんに罪はないのよ・・・)

ラヴィンツァラはクスノキ科の葉付き小枝から採れる精油です。

1,8シネオールが45~65%含まれていて、ユーカリに似たすーっとする香りですがユーカリよりやさしくて、強い安眠作用があることもよく知られている香りです。

あまり聞きなれない名前と思うかもしれませんが、神経の疲れや免疫力アップに、手もとに置いておきたい香りです。

毎日ティッシュに1滴たらして枕元に置いて寝るのが習慣です。
また、たらしたティッシュをマスクの中に入れておくのも定番。

もちろんスプレーや入浴剤にも入れますが、わたしはティッシュ作戦がいちばん好きです。

特にラベンダーとの組み合わせは大好きな香り。
ティッシュにそれぞれ1滴ずつたらすことも。


しかしさ、今回インフルエンザになってしまったわたしには説得力がないわー。
2年連続のインフル・・・

欲張りな自分が引き寄せたことには間違いがないと思うので、あらためて生活を見直したいと思う次第です。
ラヴィンツァラのようにやさしくて力強いひとになりたい。


ラヴィンツァラ、どんな香りかな?と思う方はぜひどこかで出会ってくださいね☆


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-01-23 07:20 | 日記・雑記 | Comments(0)
昨日の新潟日報朝刊にユリ精油の記事が掲載されていました。

隠れた特産 アロマで生かせ 村上のユリ 精油作りに成功

かぐわしい香りのユリの花なのに、アロマで活用する機会は少ないです。
ユリ精油は売られているのですが、日常的ではなく、わたしも使うことはありませんでした。

そもそも花から精油を採るには、多くの植物に使われる水蒸気蒸留法では採油できないことが多く、溶剤抽出法を使うことが多いです。
(花の中でもローズは両方の方法で採油されます。ネロリ(オレンジの花)やイランイランなどは水蒸気蒸留法で採れます。)

この記事にとり上げられているグループの方々は、水蒸気蒸留法が不向きということで溶剤抽出法→低温真空蒸留法→アンフルラージュ法と試し、最後のアンフルラージュ(油脂吸着法)でよい香りのものが採取できたとのこと。
(これは、アロマを学んだ者なら想像がつくことです。)

わたしのイメージでは、アンフルラージュは手間がかかるのかな?と思っていましたが、記事によると蒸留法と手間や効率があまり変わらないのだそうです。

今後に期待&注目したいと思います。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-12-25 08:36 | アロマ | Comments(0)

香りと出会う

昨日の福祉会館アロマ講座で、初めて「シナモスマ・フラグランス」という精油を紹介しました。

日本に紹介されてから年数の浅い精油です。
名前も聞いたことがない、という方も多いと思います。

私は、最初にセミナーで紹介されたときから香りが気に入っていました。
久しぶりに使ったらやっぱり好き。
すーすーすっきりしていそうでいながらあたたかみもある香り。

今回感染症予防アロマということで紹介させていただきました。


講座で紹介したことのない精油はまだまだあって、機をみていろいろと出していきたいと思っています。

たくさんの種類を紹介すればいいだけではないので、いつもタイミングをはかっています。
おなじみさんと新入りさんのバランスを。

香りは、言葉でどんなに説明してもネットを通して伝わるものではないところがもどかしいような気もしますが、だからこそいいのかも。

みなさまもいつかどこかで、香りと出会えますように。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-01-22 21:59 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2171075.jpg


今日は久しぶりに歩いてほんぽーと(中央図書館)へ行きました。

c0190960_2172725.jpg


工事中の栗の木バイパス近辺を通って蒲原神社経由で。

c0190960_2174217.jpg


公園でお花を見ていてふと振り返ると黒猫ちゃん!
首輪はないが、なかなかきれいな毛並みでございます。

c0190960_21751100.jpg


一心不乱に何かを召し上がっておられます。

いつも花壇の手入れをしているおじさんに「おじさんのネコですか?」と聞いたら、「町内のネコ」との回答。

へぇ、町内の。


今日歩いている間ずっと、金木犀の香りが苦しいくらい強く漂っていました。
それほど好きな香りではないけれど、季節を感じるのでこの時期嗅ぎたい香りではあります。

毎年けっこう生徒さんに聞かれる質問「金木犀の精油はないのですか?」

答えは「あります」。
「オスマンサス」とも呼ばれます。

ただし、お肌や体のケアとしてのアロマテラピーで使うことは少なくて、香水にブレンドしたり、香りを楽しむ用に使われるにとどまっているようです。

香りの強い花だからといって精油がふんだんに採れる、ということはまったくなくて、花精油のほとんどは通常多くの精油で使われる水蒸気蒸留法ではなく、溶剤抽出法といって有機溶剤に漬けて採油する方法でつくられます。

なので、おふろに入れたりマッサージをしたりするものより、芳香浴用として使われることが一般的なのです。

溶剤抽出で得られた精油は、品名の後にAbs.という表示が付いているので区別できます。
Abs.はアブソリュート(溶剤抽出)のこと。

金木犀だけでなくジャスミンやカーネーションなどもアブソリュート。

多くの女性が好きなバラは、水蒸気蒸留で抽出したものを「ローズ・オットー」、溶剤抽出で抽出したものを「ローズ・アブソリュート」と言ってどちらも売られています。

同じバラでも香りや成分が違います。

ローズに限らず花精油は採油量が少ないので価格も高いですね・・・


ゆっくりしていると日曜日はあっという間に終わりますね。

じゃ、たぶんまた明日。
今週もごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-10-04 21:38 | 日記・雑記 | Comments(2)

精油1滴という「単位」

昨日「サイエンスカフェにいがた」に参加して、「単位」についてのお話をお聞きしながら考えていました。

「第85回サイエンスカフェにいがた」に参加しました

アロマテラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)の最小単位は1滴です。

書籍で紹介されるレシピなどにも1滴2滴と表示されています。

わたしたちにとっては日常的なことですが、初めて見る方は、もしかしたら少し戸惑うのかもしれないですね。

精油のボトルにはドロップ栓という中ふたが付いていて、1滴ずつたらして使います。

便宜上1滴は0.05mlで計算することになっていますが、実際にはぴったり0.05mlとはいかないはずです。

精油の粘度やたらし方にもよるでしょうし、ある程度の幅はあるが0.05mlで計算しておけば問題ないであろう、ということなのだと思います。

NARD JAPAN発行の『ケモタイプ精油事典』によると1滴=0.035~0.048mlだったとのこと。
精油の種類によって違いがあることも示されています。

また、ヨーロッパの薬局では1滴=25mgで計算されているそうですから、同じ「1滴」といってもその場その場でずいぶん違ってくるのかな、と思います。


ひとつ何かを学ぶとどんどん枝分かれして知りたいことが増えて、次々と課題がやってきます。

それを十分に楽しみたいと思います。


昨日の「サイエンスカフェにいがた」の内容は下記まとめで読むことができます。

はかる,かぞえる,… 単位の古今東西/山崎 昶さん サイエンスカフェにいがた第85回


まとめサイトがどんどん増えて、そういうものにも縁の深い会社で働いているというのに、なかなかついていけていないです。

Twitterも慣れないまま・・・まぁいいですよね。(開き直り!!)

じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-04-26 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)

精油との別れはつらい

定期的に精油の在庫(使用しているものも未開封のものも)をチェックしています。

冷蔵庫のなかみを見直すように確認するのです。

開封から1年経ったもの(柑橘系は3ヶ月~半年程度)をレッスン用のボックスから出します。
みなさまに使っていただくものは常にチェックして新鮮な良いものを用意するように。

レッスン用からは出しますが、香りが大丈夫なものはお掃除用スプレーにしてトイレ掃除などに使ったりします。
どうしてもさよならするものは新聞紙などに吸わせてお別れします。

お別れはつらいのですが、どうしてもまんべんなく全部使い切るというのは難しくて。


空きボトルもどんどんたまり、引き出しからはみ出そう。

空きボトルは欲しい方に差し上げていますので、講座の際などお気軽にお声かけください。


この秋のお気に入りの香りはパチュリー。

まったり重苦しいようで、こころは落ちつく。


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-10-18 21:49 | 日記・雑記 | Comments(0)
2013年79冊目に読み終わった本。


『中村あづさアネルズの誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』中村あづさアネルズ

毎日精油のブレンドだけして暮らしたい、と思っているかわかみです。
その余裕はないのが現実。


最近素敵なアロマ本が多く出ていてうれしい。

詳しい中身や感想は、ホームページの書籍紹介に載せましたので、よろしかったらご覧ください。

 →アロマ書籍紹介 『誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』

これがアロマ書籍紹介の21冊目となりました。


以前やっていたブログで、37冊のアロマ書籍を紹介した原稿があるので、加筆訂正して載せようかな、と検討中。

そのブログは2005~2009年まで更新していたもので、古くて使えないものもあるかもしれませんが、すべて放っておくのもどうかと思い・・・そのうちのいくつかは、少し生き返らせて現在のホームページに持ってきてもいいかな、と。

日々いろいろと考えてはいますが、あまり進んでいないのですね。
でもやめない。

--------------------------------------------------
『中村あづさアネルズの誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』中村あづさアネルズ
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2013-10-14 07:22 | 読書記録 | Comments(0)
2013年52冊目に読み終わった本。


『アロマティック・アルケミー Aromatic Alchemy―エッセンシャルオイルのブレンド教本』バーグ文子

今年アロマ関連本を何冊も読んでいるのに、なかなか記録を書くところまで達していなくて。

この本についてはHomepageの書籍紹介に載せましたので、内容や感想はよろしければそちらをご覧ください。
アロマ書籍紹介 『アロマティック・アルケミー』


アロマ本の記録が滞っているのは、あまり辛口で書きにくいから。
去年は何冊か、結局記録に入れなかったものも。

今後はどんどん書いていった方がよいですねー。


今回のこの本はとても刺激を受け、よかったです。

初心者向けではないですが、基礎知識を持っていてさらに深めたい方におすすめです。

--------------------------------------------------
『アロマティック・アルケミー Aromatic Alchemy―エッセンシャルオイルのブレンド教本』バーグ文子
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2013-08-27 07:48 | 読書記録 | Comments(0)
3月になっちゃった!

月日のたつのが早いとばかり言っていてもしょうがないし、本当に早いのだから、なんとかいいペースで乗りつつ充実して過ごしたい。


さて、昨日久々にホームページの書籍紹介のページを更新しました。

アロマ書籍紹介 『知る・使う アロマ』

昨年末に読んで、紹介ページもほとんどでき上がっていたのにアップするのが昨日になってしまった。
なんでも遅いペースです・・・

「読んだ本記録」にも入れていなかったのでした。


1000円の小さな本ですが、内容たっぷり、おすすめです!

これまでの書籍紹介ページは→★こちらから★


3月もごきげんな毎日を~ciao♪
by amica-aroma | 2013-03-01 07:46 | homepage | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)