タグ:演奏会 ( 12 ) タグの人気記事

c0190960_90372.jpg


昨日は、友人からチケットをいただいたので、サファリオーケストラ新潟演奏会に行ってきました。
「新潟で育った若き音楽家と東京のオーケストラによるジョイントコンサート」@新潟市音楽文化会館。

このオケのことも演奏会のこともまったく知りませんでしたが、友人がくれたし、新潟の若者(大学生)が出演するというので行ってみることに。
ピアノの田中健太郎さんとバイオリンの厚母理恵さん。

音楽文化会館のホールは、ステージ前の真ん中を残してほとんどの席がビニールひもでしきってあり座れる席はわずか。
100名ちょっとくらいの観客だったのかなぁ。
全体的に不思議な感じの演奏会でした。

社会人オーケストラなので、司会の方が何度も、オケメンバーは普段別の仕事をバリバリやっていると強調していました。
そんなに強調しなくてもわかってますから・・・

前半はちょっと(いやだいぶ)うとうとしちゃいましたが、休憩後はよい曲が続きよかったです。
 バッハ / バイオリン協奏曲第1番
 ブラームス / 弦楽六重奏曲第1番(弦楽合奏版)
 幸松肇 / 弦楽のためのシンフォニエッタ

アンコールのシベリウスもよい曲だった。


田中健太郎さんのピアノ独奏は、もっと聴いてみたかったです。
(ショパンのノクターン2番のみだった)
コンクール受賞の実力は素人のわたしにはわからなかった。

バイオリンの厚母理恵さんは「のだめカンタービレ」の影響でバイオリンを始めたそう。
え、、「のだめ」ってついこの間の気がする・・・

しかも始めたのは11歳とのこと。
それであのフレッシュ感なのかな・・・かわいらしかったです。

母校の若者たち、がんばってほしいです。

c0190960_9293094.jpg


毎回文句を言う音楽文化会館やりゅーとぴあのアクセスの悪さ。

暗いし誰も通らないし、妙な歩道橋ぐるぐる通らなくちゃだし本当に行くの大変。
市役所前バス停からも遠いし、新潟市(と新潟交通?)は芸術をどのようにお考えなのでしょう。

この文句は、今後も言い続けると思う。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-10-29 09:39 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_9204695.jpg


昨日新潟室内合奏団第74回演奏会に行ってきました。

昨日は仕事を15時上がりにしていて、開演までたっぷり時間があったというのに、カフェで読書に熱中しているうちにぎりぎりに到着。

あぁもう満席に近いくらいに埋まっている・・・
ピアノコンチェルトがあるからどうしても鍵盤が見える側に座りたい・・・

幸いよいところに座れました。

1曲目はゲーゼ。
(スコットランド序曲 「高地にて」 Op. 7 )

初めて聴いた曲でしたが、これがとってもよい曲で、心地よくて気に入りました。
自分から新しいお気に入り曲に出会う機会はなかなかないので、こうして偶然出会うのはうれしいことですね。


2曲目はメンデルスゾーンのピアノ協奏曲。(第1番)

ピアノは小黒亜紀さん。
若くて美しくて実力派。
赤いひらひらのプリンセスドレスがとてもお似合い。

わたしは存知上げなかったのですが、大活躍中の注目株なのだそうですね。
第3楽章になってからやっとじわじわとよさがわかってきました。


3曲目は同じくメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」

すごく好きな曲。
重苦しくないところが好き。
だからといって深みがないわけでもなくてバランスがよいと思います。

アンコールの2曲もメンデルスゾーンで、なんとしあわせなのでしょう。
メンデルスゾーンがすごく好きだー。


演奏の上手下手は正直ほとんどわかりません。
技術や練習量は足りていないのかもしれないし、他の楽団のほうがうまいのかもしれません。

でも、最近いちばん思うことは、聴いた自分が心地よく感じたかどうか、それだけなんだろうと思うのです。

プロのオーケストラの演奏を聴くにはまずチケットの価格が出せないし、素人はどうしてもかまえてしまう。

それならそれよりは、気軽に生の音を聴けるこういう機会は本当によいと思う。
アマチュアのよいところは、「音楽って楽しい・演奏できてしあわせ」という想いをわたしたちもいただけるところではないでしょうか。

今回も、会社の同僚である団員の知的美女にご案内いただきました。
毎回ありがとうございます!

出演者のなかにもうおひとり知り合いがいて、あ、どうしよう、その方も知的美女だな・・・あ、美声美女だ、今回もありがとうございました♪

知り合いが出ていて、気軽に行かれて、気分良く帰る。
いいですね~。

素敵な夜をありがとうございました。


次回は11月だそうです。
あぁとうとう(?)バルトークがあるー。

バルトークとわたしについてはいつか書くかも・・・

新潟室内合奏団演奏会のこれまでの感想はこちら→タグ:新潟室内合奏団


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-05-21 10:49 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_732697.jpg


一昨日、新潟室内合奏団第73回演奏会に行ってきました。

今回は三大Bということでバッハ・ベートーヴェン・ブラームスという豪華ラインナップ。

最初はブラームスのセレナードから。

考えてみると、わたしブラームスって関わったことない。
あ、関わったことないのあたりまえですね、ブラームスの曲をやったことがない、が正しい。
そしてCDも持っていないと思うし、まったく知らないらしい。

驚いたのはヴァイオリンなしの編成ということ。
何度も聴きこむとよさがわかる曲かも。

2番目にバッハのブランデンブルク協奏曲(3番)。

なんだか懐かしかった。
バッハの中でいちばん聴いていると思う。

以前は目覚まし代わりの音楽がずっとこれでした。
今考えると、ずいぶん優雅に目覚めていたものです・・・
(ちなみに今はヴァン・ヘイレンである)

そしてベートーヴェンは5番。

「運命」はジャジャジャジャーン♪というところがあまりにも有名ですが、そこもいいけどそれ以外のところがとてもいいのですよね。

特にわたしは2楽章と4楽章が大好き。
「運命」の第4楽章を聴いて生きる勇気がわかない人はいないと思う。

ベートーヴェンを聴くときには、彼の耳が不自由だったことを考えないことはないですが、『苦悩を突き抜けて歓喜に至れ』というメッセージは第9番だけでなく、すべての曲に表現されているのではないのかな、と思っています。

演奏もすごくよかったです。
わたしは素人なので技術のことはわかりませんが、演奏する方々のエネルギーがどれくらい伝わってくるかで感動も決まると思うと、とても大きなパワーを感じたのでよかったです。

あ、毎度おなじみティンパニよかったです!
運命のティンパニやりがいありそう。

今回も、チケットをくださった会社の同僚(知的美女)に大きな感謝をしたいと思います。
ありがとうございました♪

c0190960_733651.jpg


会場は江南区文化会館。
体育館には以前通っていましたが文化会館は初めてで、暗いからどれが体育館か文化会館かわからず迷ってぎりぎりに到着。

体育館の隣という情報しかなかったのでこれだ、と思って階段を上ったらそれはまったく反対側にある室内テニスコートだった。

おもしろい作りの会館でした。
お手洗いの壁とかも。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-02-20 07:40 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は新潟室内合奏団の演奏会に行ってきました。

ここ数年同じ会社の方から毎回チケットをいただいて、聴かせていただいています。
前回だけ、どうしても体調不良で起き上がれず断念したので約1年ぶりくらい。

シューマンのチェロ協奏曲は第1楽章~3楽章までつながって演奏されるせいもあるけどとても長く感じて、まだ終わらないのかな、と思ったということはあまり好きではなかったのかな。

ブラームスの交響曲は、ほどよく情緒的でほどよくかっこよくて、素人(ミーハー)のわたしとしてはたのしめました。
3楽章は「松本清張サスペンス」って感じでいいですね~。

毎回注目のティンパニーの男性今回は出番が少なかった気がするけどよかったですー。


聴くのもいいけど演奏するのはもっと楽しいだろうな。

わたしも、何か楽器ができたらよかったのに。

と、普通に言っていますが、すべての楽器にくじけたのはこのわたしです。
フルートにもギターにもドラムにも。
そしてピアノにもね。

まぁ聴くほうでたのしみます。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-12 22:36 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2135537.jpg


今日は「新潟ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会に行ってきました。

「新潟★ブラス★ブラス★ブラス」演奏会のおしらせ

吹奏楽を聴くのはたぶん30年ぶりくらいなんですけど、曲目も幅広いし、何より打楽器群が豊富なのがいいですね~。
迫力がある演奏で、とてもよかったです。

オーケストラとは全然違いますわね、あたりまえだけど。


途中までは、いろいろな楽器の方を順番に見ていましたが、後半にドラムの方が出てきてからはその人だけにくぎづけ!!

ドラムはわたしのいちばん好きな楽器であることプラス、遠目だったけどイケメンでしたから・・・
あ、もちろん演奏が素晴らしかったのですよ!
(本間克範さんという方。よかったですー)


素晴らしかったので、もっとたくさんの方が聴きに来ればもっとよかったのに、と思います。
あまり宣伝していなかったような気がしますがどうなんだろう。

チケットの価格もあるかもしれないけれど、地元のアマチュアオーケストラでももっとたくさん集まることを考えると、プロの演奏が聴けるのでいいかな、と思うけど吹奏楽だから?
GWだから?
いろいろとクエスチョンマーク。

わたしは、会社で隣の席の方がメンバーのひとりで、教えてもらいました。
ありがとうございました☆


演奏を聴いてとてもいい気分でしたが、りゅーとぴあのアクセスの悪さで帰りは1時間近くかかってしまいぐったり。

白山公園前から新潟駅行きのバスは17時くらいが最終なんですよー。
(それでもりゅーとぴあからけっこう歩いたのに)
市役所前は、わたしが想定していたところにバス停がなくてぐるぐる歩きまわったあげく新潟交通に電話して教えてもらったわー。

新潟交通はどんな人のためにバスを走らせているのだろう。
バスがすごく便利な人っているのかな。

そもそも今日は貧血でくらくらしていたのでタクシーで帰ってくるべきだったか。
(文句で終わってしまった・・・)


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-05-03 21:44 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_21353160.jpg


ゴールデンウィークの予定はお決まりですか?

うちは1日くらいは近場ドライブなどに行こうと話していますが、基本は夫婦それぞれゆっくり過ごす予定。
特に大きなイベントはなくいつも通りです。

そのゴールデンウィークに行われる吹奏楽の演奏会のご案内です。
「新潟★ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会です。

会社で同じチームの方がメンバーのひとりで、紹介していただきました。

新潟のプロ吹奏楽団なのだそう。

オーケストラ(管楽器も弦楽器もある)もいいですが、吹奏楽(管楽器メイン)は曲目の幅が広く、バラエティーに富んだ音楽が楽しめると思います。

5月3日(火)で3連休の初日ですが、お時間取れそうな方はぜひ☆
会場はりゅーとぴあコンサートホールです。

新潟ブラスブラスブラス Facebookページ

わたしはその日出勤にしたので仕事の後行く予定です。

たのしみ☆


昔むか~し中学生の時吹奏楽部でしたが、楽器を吹くと酸欠で倒れちゃうので打楽器担当でした。

吹く楽器があきらめきれず大学でフルートを習ってみましたが、やっぱり酸欠で倒れちゃうのでピアノ伴奏担当になりました。

どうしてすべてのエピソードが情けない系なんだろう。


行ったあとの感想はこちら
「新潟ブラス★ブラス★ブラス」の演奏会に行ってきました


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-04-19 21:58 | その他 | Comments(0)
c0190960_2131556.jpg


今日は、新潟室内合奏団の第70回演奏会に行ってきました。

みんな自分のせいですが、先週今週と予定を入れ過ぎたこともありひどく疲れきっていたので、体調的には行かずに家で休んでいるべき状況でした。

でもせっかく会社の方がチケットをくださったし、根性で(根性必要?ここで)行ってきました。

なんでも新しもの好きですが、音楽はそうでもなくて、現代っぽい最初の2曲は疲れた体に眠気を誘う・・・

せっかく貴重なハープとファゴットの協奏曲でしたが、正直ちょこっと眠ってしまい・・・少しまぶたが重くなる程度だったかもしれないけれど。

最後のメンデルスゾーンでやっと心の安定を取り戻しました。
メンデルスゾーン、好きですわ。

今回の指揮者は平成生まれ。
(1989年生まれとしか書いていないから、昭和64年の数日間かもしれないけどさ)
平成になったのってわりと最近だと思っていましたが、そうでもないのね~。


何回か書いていると思いますが、りゅーとぴあに行くときの道が真っ暗で怖すぎるのです。
しかも超わかりにくい。

バスの便も悪いし、こういうところを整備しないと文化の発展はないと思うよ新潟市よ!


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-11-14 22:09 | 日記・雑記 | Comments(0)
今日は新潟室内合奏団の第69回演奏会に行ってきました。

昨年から行き始めて3回目。

今回はベートーヴェンの交響曲を2曲。
なかなか勇気のあるプログラムかも、と思いますがどうなのでしょう。

わたしは、いちばん好きな作曲家がベートーヴェンなので、とても楽しみにしていました。

歴史上の人物で誰に合いたいかと問われれば(問われたことないけど)、間違いなくベートーヴェンです。


今日演奏されたのは交響曲の第2番と3番。

番号が続いているということは続けて作曲されたのでしょうが、成長ぶりがものすごいです。
わたしごとき音楽の素人がベートーヴェン様に対して「成長」などと申していいのやらわかりませんが、感じたままを書いておりますです。

この後、最後の9番に向かってどんどん進化・成長していく彼の交響曲は、どれを何度聴いても感嘆してしまいます。

3番(英雄)、5番(運命)、7番(のだめカンタービレで有名)、9番(第九)と奇数曲が有名ですが、偶数もなかなかよいのですよね。


今回も(毎回書いている)、ティンパニの男性のマレット(ばち)さばきがよかったのと、チケットを譲ってくださった同じ職場の方も活躍していて、よかったですー。
いつもありがとうございます。


ところで今日ふと思ったこと。

指揮者って全身と頭脳をものすごく使って大変な役ですが、ずっと観客に背中を向けているの大変だな~、と。

小学生の頃から教育実習に行くまで、音楽教師になろうと思っていたわたしも、もしなっていたら人に背中を向ける機会がけっこうあったんだろうな、と思う。

それ、けっこうきついよね?どうかな?


音楽はいいですね。
わたしもやりたくなってきちゃった。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2015-06-13 22:41 | 日記・雑記 | Comments(0)

31Fのクリスマスライブ

c0190960_21313819.jpg


画像は朱鷺メッセ31Fの展望室で1時間ほど前に撮ったものです。

高所恐怖症なので恐る恐るガラケーのカメラでパシャ。

日本海側で一番高いんだそうですよ。
日本海側って・・・なんだかなぁ。


今日はここでクリスマスライブがあるというので行ってきました。

先週の土曜日に参加したサイエンスカフェにいがたでチェンバロ演奏を披露した飯田万里子さんがチラシをくださったので。

本当は、年賀状もやらなきゃだし今年は両親の年賀状作製も請け負っているし他にもあれもこれもあっちもこっちもあるし・・・どう考えてもスケジュール的に無理だろうと思ったのですがどうしても気になったので行ってきたのでした。

演奏は「楽路歴程」(古楽器アンサンブル。チェンバロとリコーダーとボーカル)と「ポッチャリーノ弦楽四重奏団」。

特にポッチャリーノの演奏がとてもよかった。
表情があって楽しそうで!
(わたしとにかく楽しそうなものに弱いです!)

インターネットで検索してみたところ、四人とも新潟大学管弦楽団のOB・OGとのこと。

学生時代は管弦楽団(学校では「オケラ」と呼ばれていた)が苦手だったのですけどね。
オーケストラの授業で言い合いになったこともあるし。


今日無理して行ってみてよかったです。


今年は数年ぶりにこうした時間がたくさんとれて、しあわせな年だったと思います。

前半は生きる気力も体力もなくて、漢方医にかかったりしたこともありますが、漢方薬の効果は感じられず・・・そのうち音楽や絵や写真などに触れる機会を増やしていくうちに元気になってきました。

やっと好きなことをするわたしらしいわたしがよみがえってきたのかも。


じゃ、たぶんまた明日。クリスマスイブだ♪
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2014-12-23 21:41 | 日記・雑記 | Comments(0)
c0190960_2184267.jpg


昨日新潟交響楽団の定期演奏会に行ってきました。

今年同じ会社の方がチケットを譲ってくださったことで新潟室内合奏団の演奏会に春秋2回行かせていただいたら、すっかり癖になっちゃって。

昔はアマチュアのには行かないなんて言ってすかしていたのですが(いまや大反省。本当に申し訳ありませんでした!)、今年行ってみたらかえって気軽に楽しめていいな、と思いまして。

それと先月新潟室内合奏団の演奏会で今回のチラシをいただいて、「ティンパニ協奏曲」という文字をみたらどうしても聴いてみたくなったのでした。

ティンパニ(大きな打楽器です。打楽器ですが音程があります。←素人の説明ですからね~~)に協奏曲があるなんて初めて知ったわー。

ティンパニは昔々わたしもちょっとだけやったことがあります。


ティンパニ独奏はN響の石川達也氏。
楽団員というよりは税理士っていう感じの素敵な方で、力強さと繊細さの絶妙なバランスの素晴らしい演奏でした。

ティンパニの演奏は素晴らしかったのですが、曲はいかにも現代曲っぽくて、現代曲が苦手なので途中で眠くなりましたわ。


メンデルスゾーンの「イタリア」は、作曲者や曲名を知らないだけで誰もが聴いたことがあると思います。

メンデルスゾーンの曲は、クラシックになじみがない人でもなじみやすいのではないかな、と思います。
わたしたち日本人は安心して聴けるというか。
特に「イタリア」はみんなに幸福感をもたらす音楽だと思います。

明るくやさしく、能天気すぎず重たすぎず、わたしは好きです。


りゅーとぴあで音に包まれながら思ったことは、日々いろいろなことがあるけれどとりあえず元気で音楽を聴いている自分が不幸なはずはない。
ものすごく恵まれていることなのだ。

すぐにそれを忘れてくさくさしたり自分ひとりできーっとなったりするけれど、どこに目をつけて生きていくかなんですよね。

「いい香りの中で怒り続けられる人はいない」がわたしの口癖なのですが、「香り」を「音楽」に変えてもまったく同じですね。

音楽から美容の世界へ、そして今は香りの世界にいるわたしのこれまでにはちゃんと脈絡があって、美を追求したり人の心をやさしくしたりする手助けがしたいのだな、それが使命なのかな、と最近やっと思うのです。


これからもアマチュア云々言わず、どんどん聴きに行こうと思います。


 ◆ホームページ→amica Aromatherapy
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ

今週の福祉会館講座は今日(24日。あと数時間)がお申込締切です。
今日講座の原稿を書いていたらものすごく長くなった・・・明日にはまとめますー。
by amica-aroma | 2014-11-24 21:48 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)