黒井健原画展inほんぽーと

c0190960_6565982.jpg


昨日ほんぽーとに本を返しに行ったら、黒井健さんの原画展をやっていたので鑑賞してきました。

黒井健さんは新潟市のご出身。
ほんぽーと中央図書館開館10周年記念事業なのだそうです。

入場は無料で、3階のビーンズホールや研修室のスペースを使って展示されている多くの絵を観ることができました。

「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」のきつねや、宮沢賢治の童話の挿絵など。

中でも「あきいろのころわん」は全原画が展示されていて、まさに今の季節にぴったりの一面の秋色で、ころわんたちもかわいすぎて、きゅーんとなりました。

観ているのはイラストなのに、自分のいる現実の世界と区別がつかなくなってくることがある。

実際にはいないはずの手ぶくろを買いに行くきつねや秋を楽しむわんこたちの世界が本物の世界で、自分がいるのは違う世界のような気もしてくるし、実際にいないというのはわたしの思い込みに過ぎないような気もしてくるし。

よい絵を観るとそんな不思議な気分になります。
昨年アンパンマンの原画を観たときに、アンパンマンは絶対にこの世にいるのだ、と思ってしまったように。

黒井健さん原画展は明後日(10月12日木曜日)まで開催されているとのことですので、お時間ある方はぜひ☆

お嬢さんの凪さんのフェルト作品(黒井健さんのイラストを立体にしたもの)も展示があり、それも最高かわいくて見入ってしまいました。

これをやっているとぜんぜん知らなくてたまたまほんぽーとに行ったら観ることができて、よかったです。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-10-10 07:19 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)