金沢ひとり旅(2017)2日目 その2 『鈴木大拙館~中村記念美術館』

c0190960_950146.jpg


先月の金沢旅2日目その2。
(2017年9月24日 日曜日)

どんなに覚えていようと思っても、時とともに記憶は薄れるものですね。
写真と簡単なメモしか残しておらず、まぁ忘れたからってそれはそれでいいのですけれど。

2日目の最初→金沢ひとり旅(2017)2日目 その1 『香道体験@香舗伽羅』

香道体験が終わってから、ぶらぶら歩いて鈴木大拙館へ。

この場所との出会いが、3年連続金沢に向かわせるいちばんのきっかけとなったかもしれません。

3回目の鈴木大拙館。
いつも人は数人しかいない。

必ずひとり旅外国人を見かけるのもここ。

個人的にはいちばんのおすすめスポットですが、お城や兼六園、茶屋街などに比べると、観光スポットからは外れちゃうのね。

人が少ないほうがわたしはいいですけど、毎回リーフレットフォルダーをいただけるので、300円の入場料でこの人の少なさでやっていかれるのかと勝手に心配してしまうのです。

金沢市民だったら年間パスを買って週に3回は行きたい。

そこに行くと、からだとこころがまっすぐ整うような感じがする。
禅の思想や知識はわからないけれど、その空間がただただ好き。

何もない空間が好きなのだと思う。
だから常に片づけたいのかな。

鈴木大拙館で片づけ欲をアップして帰ってきたはずなのに、まだ発揮できていないですけどね。

c0190960_10415254.jpg


鈴木大拙館で心を整えた後は、遊歩道を通って中村記念美術館へ。

ここも鈴木大拙館と同じくらいお気に入りの場所。
昨年は2日連続訪れたので、今回4回目となりました。

今回展示されていたのは『お茶碗と棗』

「棗」という難しい字は「なつめ」
茶器の種類のひとつとのこと。

心得も知識もなにもないけど、こういうものたちを見るのがいちばん好きなので、うっとりしながら2周しました。

c0190960_18511642.jpg


鑑賞後はお決まりのお茶タイム。

昨年までは、お抹茶と生菓子だと300円、干菓子を選ぶと200円でしたが、今年は300円のみになっていました。
ついたお菓子は諸江屋の生落雁(万葉)。
おいしかったので、実家のお土産にも買って帰り好評でした。

お茶碗はケースの中から好みのものを選ぶことができます。
お庭を見ながらゆっくりいただきました。

ここもいつも人がいない。
今回もわたし一人で貸し切り状態。

鈴木大拙館と中村記念美術館は、これからも毎年行きたいと思っています。


 金沢ひとり旅(2017)1日目 その1 『ひらみぱん~オヨヨ書林』
 金沢ひとり旅(2017)1日目 その2 『金沢21世紀美術館~甘味処 漆の実』
 金沢ひとり旅(2017)1日目 その3 『妙立寺』
 金沢ひとり旅(2017)1日目 その4 『海月が雲になる日』



これまでの旅記録も含め、金沢のお話はこちらから→タグ:金沢


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-10-09 18:42 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)