続・上達したい

c0190960_7113176.jpg


昨日、なんでも上達したほうが楽しいからエアロビクス上達したい、ということを書きました。

上達したい

もうひとつ、たのしくないから上達したいな、と思っていることがあります。

それはわたしの最大の課題でもある料理です。

このブログでも何度もくり返し書いていますが、料理が嫌い、料理が苦手、料理したくない、わたしの作ったものは全然おいしくない・・・

それでも毎日必ず作っていて(わが家は夫婦ふたりでの外食が年に2回ほどしかない。これは夫の希望。わたしはお財布さえ許せばもっとしたい)、年々ある程度できるようにはなってきていますが、それでも落ち込むこと数々。

体質改善を求められる体調になり食生活の改善を迫られているのに、わたしの料理スキルの低さと手のかかることをやりたくない心からあまりうまくいっていない。

ひとえに、スキルがないからいやなのでは、という結論に落ちついているのです。

だって手をかけたところでそんなにおいしくできあがらないし(おいしくする方法を知らないし)、レシピ本に書いてある言葉もよくわからないし。

「焼く」と「焼きつける」は違うのか?
「炒る」ってなんとなくとらえているけど本当はどうしたら?

塩少々の少々ってどのくらい?
必ずしょっぱすぎるかなんにも味がしないかどちらかなんだけど。

料理のできる方がこれを読めば、わたしはただのセンスがない人なんだろうけれど、切実な問題なのですよ。

20代でひとり暮らしの頃、ちゃんと身につけたいと一念発起して初心者用の料理本を買ったことがあります。

確か「サルでもわかる~」というようなタイトルだったと思う。

しかし、なかみを読んでみると「いかは内臓をとって皮をむく」と書いてあるではないか。
(それしか書いていない)

サルは何の説明がなくても内臓をとって皮をむくことができるらしいのに、自分はどうしていいやらさっぱりわからないっ!
どこにいったらいかの内臓のとりかたを教えてもらえるのか?

それで大憤慨してその本は投げつけてしまった・・・


この手の話は大量にあるのでこのくらいにして、とにかく。

上手にできることが楽しくできることの大前提だと思うのです。

料理の課題を克服するために何ができるか、今真剣に考えているところです。


ちなみに、いかの内臓のとりかたは、結婚してから学生時代の友人に教わりました。
彼女の家に行って、一緒にいかを処理したのです。

母親に習うのがいちばん筋なのかもしれませんが、離れて暮らしているとなかなか難しいのですよね。


じゃ、たぶんまた明日。
今日もごきげんな1日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2017-07-11 07:46 | 日記・雑記 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)