読んだ本記録 『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 』

2017年読み終わった本19冊目。


『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 』二宮敦人

東京藝大。
わたしのように音楽を志していた者にとっては東大よりも京大よりもすごいところ。
坂本龍一さまの母校というだけでも恐れ多いのです。

この本では、藝大生の妻をもつ作家が藝大生へのインタビューをしたもの。
音楽のほうはわりと想像がついていたけれど、美術のほうは未知の世界でした。

全体的には、そんなにカオスな感じもしなかった。
抱腹絶倒でもなかったなぁ。

たしかにわたしたちからしたら日常的でない数々のエピソードも、さもありなんと思われる。

大学という学びの場としては異色な部分もあるのかもしれないけれど、好きなことにつき進んでいいのだ、と再確認させてくれる本でした。


高校のクラスメイトにも藝大を目指している子がいました。
結果彼女は私立の音大に進学し、30代以降会う機会がなくなってしまいました。

彼女(声楽)の伴奏をするのはおそろしく緊張したものでした。

--------------------------------------------------
『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 』二宮敦人
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2017-05-23 07:44 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)