ユリ精油―新潟日報の記事より

昨日の新潟日報朝刊にユリ精油の記事が掲載されていました。

隠れた特産 アロマで生かせ 村上のユリ 精油作りに成功

かぐわしい香りのユリの花なのに、アロマで活用する機会は少ないです。
ユリ精油は売られているのですが、日常的ではなく、わたしも使うことはありませんでした。

そもそも花から精油を採るには、多くの植物に使われる水蒸気蒸留法では採油できないことが多く、溶剤抽出法を使うことが多いです。
(花の中でもローズは両方の方法で採油されます。ネロリ(オレンジの花)やイランイランなどは水蒸気蒸留法で採れます。)

この記事にとり上げられているグループの方々は、水蒸気蒸留法が不向きということで溶剤抽出法→低温真空蒸留法→アンフルラージュ法と試し、最後のアンフルラージュ(油脂吸着法)でよい香りのものが採取できたとのこと。
(これは、アロマを学んだ者なら想像がつくことです。)

わたしのイメージでは、アンフルラージュは手間がかかるのかな?と思っていましたが、記事によると蒸留法と手間や効率があまり変わらないのだそうです。

今後に期待&注目したいと思います。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-12-25 08:36 | アロマ | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)