『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号』

雑誌が好きすぎて、本も好きだけれど雑誌(最近は読む雑誌メイン)はもっと好きで、読むのが追いつかない。
雑誌を「積ん読」しておくなんて、そんなにいないだろうと思いつつも、けっこうな積み量です。

そんな中、ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』の第2号が出ました。


『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号』

「最初から最後まで読み通したくなる雑誌を目指します」とのことですが、本当に1ページ目から最終ページまで、一文字も飛ばすことなくすべてを読み通しました。

それは1号目もまったく同じだったのでした。

ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台』を読んで(2015.10.17)

特集は下記の通りですが、合間のエッセイなども絶妙。
植本一子さんの恋の話(一子さんを知らなければ衝撃)なども自然に入ってきて不思議な感じです。

特集0 「食×会社」を考える
特集1 会社の終わり、companyの始まり
特集2 百姓のすすめ

あとは、雑誌としてはもう少し価格が安ければ最高かな。
(1,620円)

ミシマ社からは、毎月webマガジンの紙版も送っていただいていますが、それも同じく一文字も残らず読みつくしている、かなりの充実内容。


積んである他の雑誌やリトルプレスもどんどん読もう。
気が向いたら感想書きます。


じゃ、たぶんまた明日。
ごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→アロマテラピー教室amica(アミーカ)
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
by amica-aroma | 2016-11-04 22:01 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)