読んだ本記録7冊分 2015年に読んだ片づけ本その1

2015年読み終わった本71~77冊目。

相変わらず片づけ本がストレス解消。
まとめて記録しておきます。


『一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ』石阪京子

奇跡の片づけノウハウなどないのですよね。
程度の差はあれリバウンドしないものもないと思う。

もともとある程度片づけられる人の参考になると思います。

片づけだけでなく家事のノウハウも紹介されていますが、そんなにできないよーという感じもする。
ものすごくチャカチャカ動く人か、専業主婦にはよいかも。

毎日の拭き掃除は30分もあればパパーっとできます、と書いてあるのですが、毎日拭き掃除だけに30分もかけられる人ってどのくらいいるの?
10分か15分のの間違いでは??
わたしがやらなすぎなの???

わたしとしてはこまごました情報の中にいくつか参考になるものがありました。
乾物ストッカーの利用やお米のペットボトル冷蔵庫収納など、とりいれようかなと思うものがいくつか。



『メグメグのシンプルかわいい片づけ生活』megru

スキルやノウハウよりもmegruさんが「わたしはこうしているよ」っていう紹介。

片づけられない人ではなく、既に片づけのできる人が新たなアイディアを参考にするのによい。



『増やす男と、捨てない女の片づけ術』中山真由美

タイトルは目を引くため、売れるためにつけたのかな。
特に男女がどうのって内容ではなかったような。

親しみやすい語り口調にしたかったのか、終始「~なんです」が連続する文章にはイライラさせられましたが、他の片づけ本にはない内容もあり、文章がちゃんとしていれば本当によかったのに。

構成のライターもついているのにね(奥付の著者欄には連名になっていた)。

家族とのコミュニケーションに課題があり片づけたい人には向いている本だと思います。



『ざっくりBOX 最速スッキリ片づけ術』古堅純子

すべてのものを決まった場所に戻すのは大変だからとりあえずのボックスを作ろうという提案。

わたしもやっていますが、片づけ好きな人は時間がとれればBOXを片づけるけど、そうじゃない人はBOXばかり増えていくかもね。

それにしても、ボックスのお話だけで本一冊ってすごい。



『プチうつは「そうじ」で治す!』貝谷久宣

貝谷先生の本は昔ほとんど読んでいて、今回プチうつ?そうじ?ということで久しぶりに手にとりました。

ううーーん。。。
確かに掃除はいいですよね。。。



『わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・』ゆるりまい

4冊目です。
今回はゆるりさんの捨て変態ぶりはほとんど描かれておらず、亡くなったおばあちゃんのことがメインであとは授かった赤ちゃんのこと少し。

もう捨てきったんでしょうか・・・

今赤ちゃんとの生活でどんなお部屋が保たれているか、早く5巻が読みたいです。



『片づける 禅の作法』枡野俊明

日々片づけに興味を持ち、片づけながら生きていると、ある程度のところで必ず禅に行きつく。

何もない空間で暮らしたいという思いは年々強まるばかりなのに、本と資料に埋もれて過ごしている。

掃除は「自分の心を磨くため」に行うのだという。
汚れたからではなく。

心が磨けていないなぁ。
by amica-aroma | 2016-01-25 21:04 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)