お散歩と黒猫と金木犀とアブソリュートのお話

c0190960_2171075.jpg


今日は久しぶりに歩いてほんぽーと(中央図書館)へ行きました。

c0190960_2172725.jpg


工事中の栗の木バイパス近辺を通って蒲原神社経由で。

c0190960_2174217.jpg


公園でお花を見ていてふと振り返ると黒猫ちゃん!
首輪はないが、なかなかきれいな毛並みでございます。

c0190960_21751100.jpg


一心不乱に何かを召し上がっておられます。

いつも花壇の手入れをしているおじさんに「おじさんのネコですか?」と聞いたら、「町内のネコ」との回答。

へぇ、町内の。


今日歩いている間ずっと、金木犀の香りが苦しいくらい強く漂っていました。
それほど好きな香りではないけれど、季節を感じるのでこの時期嗅ぎたい香りではあります。

毎年けっこう生徒さんに聞かれる質問「金木犀の精油はないのですか?」

答えは「あります」。
「オスマンサス」とも呼ばれます。

ただし、お肌や体のケアとしてのアロマテラピーで使うことは少なくて、香水にブレンドしたり、香りを楽しむ用に使われるにとどまっているようです。

香りの強い花だからといって精油がふんだんに採れる、ということはまったくなくて、花精油のほとんどは通常多くの精油で使われる水蒸気蒸留法ではなく、溶剤抽出法といって有機溶剤に漬けて採油する方法でつくられます。

なので、おふろに入れたりマッサージをしたりするものより、芳香浴用として使われることが一般的なのです。

溶剤抽出で得られた精油は、品名の後にAbs.という表示が付いているので区別できます。
Abs.はアブソリュート(溶剤抽出)のこと。

金木犀だけでなくジャスミンやカーネーションなどもアブソリュート。

多くの女性が好きなバラは、水蒸気蒸留で抽出したものを「ローズ・オットー」、溶剤抽出で抽出したものを「ローズ・アブソリュート」と言ってどちらも売られています。

同じバラでも香りや成分が違います。

ローズに限らず花精油は採油量が少ないので価格も高いですね・・・


ゆっくりしていると日曜日はあっという間に終わりますね。

じゃ、たぶんまた明日。
今週もごきげんな毎日を~ciao♪


 ◆ホームページ→amica(アミーカ)アロマテラピー教室
 ◆おしらせ→アロマテラピー教室amicaおしらせブログ
Commented by egaonotane at 2015-10-04 22:50
私も昨日、暗闇を自転車で走っていたら、どこからともなく金木犀の香りがしてきて、そんな季節か〜とクンクンしていました。
私は結構好きな香りです。

精油があったとは!
知らなかった!
Commented by amica-aroma at 2015-10-05 20:54
egaonotaneさん、金木犀は香りはするけど姿は見ないことの方が多い気がしませんか?
いつも同じ季節に香ってわたしたちに季節を知らせくれる植物のありがたさよ!

精油一応あるのです。
実は私は使ったことがないのですけどね。

単独では好きな香りでないけど、香水にブレンドしてフローラルな香りを楽しむのはよさそうですよね!
by amica-aroma | 2015-10-04 21:38 | 日記・雑記 | Comments(2)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)