読んだ本記録 『ぼくたちに、もうモノは必要ない。- 断捨離からミニマリストへ -』

2015年読み終わった本22冊目。


『ぼくたちに、もうモノは必要ない。- 断捨離からミニマリストへ -』佐々木典士

また少しものが増えたような気がするので、活を入れるために(Why・・・?)読みました。

「かつをいれる」の「かつ」は「喝」だと思っていましたが、調べたら「喝」誤用・誤変換で「活」が正しいと知りました。
あ、すみません、わたしが漢字に弱いのね・・・


さて活はともかく。

体が疲れているときは片づけができていないときである。

これは実感ですが逆もまたしかり。

片づけができていないと体が疲れる。
「体」は「心」と入れ換えても同様です。


著者は汚部屋出身のミニマリスト。

「ミニマリスト」というのは持ちものを最小限に減らして暮らす人のこと。
近ごろではなんにもない部屋に暮らすゆるりまいさんなどもすっかり有名になりましたね。

すべてを捨ててしまいたい!と思いつつ、こまごまと片づけるだけでそれほどものの減らない自分に少しイライラして、豪快に捨てている人の話を読んですっきりするという繰り返し。


この本では、著者の部屋の変化だけでなく心の変化、暮らしの変化が等身大で綴られていて、目新しいことが書いてあるわけではないのかもしれないけれど、好感が持てました。

著者の佐々木さんの部屋だけでなく、他にもミニマリストの部屋の写真が掲載されていて、見ているだけで気分はすっきり。
価値観の問題なので、家族構成や家の大小などにはまったく関係ないこともよくわかります。


少ないだけがいいということではなく、自分の心がしあわせでいられるモノの量を自分でコントロールするというのが重要なのだろうと思います。

--------------------------------------------------
『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -』佐々木典士
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2015-06-21 21:29 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)