読んだ本記録 『本が多すぎる』

2015年読み終わった本18冊目。


『本が多すぎる』酒井順子

2005年から2013年に週刊文春に連載された読書エッセイ。

300冊近くの本が紹介されています。
500ページ以上の厚さ。

本の種類も幅広すぎる。
古典や性や宗教や介護や震災や・・・

あ、でも自然科学系の本はないのかも。

わたしも読んだことのある本は6冊でした。


『本が多すぎる」というのは、わたしも同じことを常々感じている。

毎日ジュンク堂に行き棚をチェックしますが、新たに読みたい本を毎日発見する。
毎日通っていても、「もう十分だ」ということはないのだ。

本書では、ひとつの文章で1冊の本を評するのではなく、「つながり」で紹介している。

本は全然違う題材のものでも、読む側の興味や感性が加わってどんどんつながっていくのだ。

本書を読んでわたしが読みたい本リストに加えたタイトルは17冊。

これから順に読もうと思うとわくわくすると同時に、あぁまた読みたい本が増えてしまった、どうしよう、時間も命も足りない、焦る。

そう、本が多すぎる。

しあわせですね。

--------------------------------------------------
『本が多すぎる』酒井順子
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2015-05-15 21:19 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)