読んだ本記録 『荒野の古本屋』

2014年読み終わった本69冊目。


『荒野の古本屋』森岡督行

著者森岡さんのことは、BonAppetitというリトルプレスで「本と人」という連載をされているのを読んで知っていました。

東京茅場町の古いビルで古書店を営む方です。

その森岡さんのこれまでを書いた本書は3部構成で、大学を卒業してから就職せず古本屋通いをしている一部、二部は神保町の古書店に就職して修行をする日々、そして自分のお店を開いてからを綴った三部。

老舗の古書店での仕事や古書店業界のおきてのようなもの、ヨーロッパへの仕入れ旅行、新しくできる本屋のプロデュースなど、読みこませる内容でした。


わたしは古本屋さんの「におい」が苦手であまり行かないのですが、森岡書店には行ってみたい気がする。

先日読んだ蟲文庫(→読んだ本記録 『わたしの小さな古本屋~倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間』) と言い、全国に行ってみたい古本屋さんはありますけどね。

「におい」どうなのだろう。

わたし自身も古くなってきたから、古い本のにおいも大丈夫だろうか。


本屋はいま、本を売るだけの場所でないところも興味深い。

--------------------------------------------------
『荒野の古本屋』森岡督行
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2014-08-04 21:04 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)