読んだ本記録 『自分の体にもっとやさしく: なんだか疲れて、悲しく、虚しい女性たちへ』

2013年58冊目に読み終わった本。

『自分の体にもっとやさしく: なんだか疲れて、悲しく、虚しい女性たちへ』武者稚枝子

タイトルの後半部分『なんだか疲れて、悲しく、虚しい女性たちへ』という言葉に引っぱられました。

そう、なんだか疲れているし、悲しいとはちょっと違うかもしれないけど虚しいような、パワーが出ない毎日を過ごしている。

また貧血症状が重く、歩くのもやっとという日々なので、鉄の補給を勧めているところも今の自分に必要だと思ったので。

このまま今の仕事を続け、自分らしくない生活をするのはもうほぼ限界に近づいている。
通勤片道徒歩25分の道を、帰りはバスがないので50分ほどかけて歩いて帰ってくる毎日。


貧血については、去年は意識してレバーをたくさん食べたり鉄のサプリメントを摂ったりしていた成果が出てヘモグロビンの値が標準以上に上がりました。

ヘモグロビンは増えたもののフェリチン(貯蔵鉄)は限りなくゼロに近い状態だったのに、ちょっと油断して、レバーやサプリを食べなくなっていました。

そのせいかどうか、ここ数ヶ月、体は重くだるくふらふらで、そうなると心も弱ってしまって、生きていくのもつらいと思う。

この本の前半では、鉄欠乏と機能性低血糖を「分子整合栄養医学」でサポートする方法を紹介していて、とても興味深かった。
特に、今までわたしがサプリメントで摂っていたのは無機鉄で、必要なのはヘム鉄ということを知ったのは大きかったです。

「分子整合栄養医学」についてはもう少し調べてみるつもり。

後半は、女性の健康についての一般的なお話でした。


あまりに動けないので、久しぶりに鉄サプリやドリンクを続けて飲んでみたら、少し体が楽になりました。

もう何年か前ですが、ある方に(生徒さんではない。お金を払ってみてもらった)「薬や栄養ドリンクを飲んでいるようなアロマ講師に習いたいという人はいませんよ」というようなことを言われ、いまだに引きずっています。

まずは起き上がって活動しなければアロマもできないし仕事もできないのだからそろそろその方の言葉から感じる罪悪感を捨てたいな、と思う次第です。

がんばりたいのにがんばれない、それで自分にマイナス評価ばかりつけて死にたくなるくらいなら、頼れるものに頼りたい。

この本は、そんなわたしにやさしく言葉をかけてくれるようでした。

なんだか疲れて、悲しく、虚しい女性の方は、読んでみるとよいかもしれません。


鉄は動物性食品から摂るのが一番だそうなので、レバーも意識して食べるようにしたいと思います。

そして、元気に歩けるようになって今度は、疲れて悲しく虚しい女性を、アロマの力でわたしがサポートするようになりたい。

--------------------------------------------------
『自分の体にもっとやさしく: なんだか疲れて、悲しく、虚しい女性たちへ』武者稚枝子
お気に入り度★★★★☆
by amica-aroma | 2013-09-15 09:06 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)