読んだ本記録 『この世で一番大事な「カネ」の話』

2011年42冊目に読み終わった本。

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西原理恵子

いろいろなところで評価が高かったし読みたいと思っていたのです。
今回文庫化されたので読んでみました。

お金は大切だし、お金の話も大切です。

こんなに真正面から全部書いてサイバラさん!
体当たりの仕事ぶりや人生が表れているのでしょう。

自分に照らし合わせれば現実的でない部分も多いですが
へぇ、と思って読むにはいいのかな。

子どもの教育によい、という評価をたくさん見かけましたが
わたしはそうは思いませんでした。
極端すぎて。

でもお金に関する教育は大切ですね。

働いてお金をいただく苦労を日々感じています。

会社では月給でなく時給でいただいているし
アロマ講座でお預かりするお金も
ほとんどは材料の仕入れなどに使いますから
「自分が働いた分」というふうに感じやすいのかも。

感謝しつつ大切に使おうと思っています。


個人的には「カネ」という言い方は好みませんが
きっとあえて使っているのだろうな。

解説は勝間和代さん。
同じ本を読んでもあまりに感じ方が違うのに驚いたことよ。

本の中では劇的なことが続き、あっという間に読めます。


『この世でいちばん大事な「カネ」の話』西原理恵子
お気に入り度★★★☆☆
by amica-aroma | 2011-07-17 11:58 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)