読んだ本記録 『実践するドラッカー【思考編】』

2010年37冊目に読み終わった本。

『実践するドラッカー【思考編】』上田惇生監修/佐藤等編著

ドラッカーの著書を何度も繰り返し読み
仕事や人生の指針とし、そして実践しようとしている
『ドラッカリアン』なるビジネスマンがけっこういるらしい。

最近特にビジネスの世界ではよく耳にするようになったドラッカー。

昔から本はたくさん出ているけど最近ブーム?
昨年生誕100年だったのね…。

でも実際ドラッカーの著書を読んでしっかり理解するのは難しいかも、
ということでこういう親切な本が出ているのかな?

ドラッカーの言葉のエッセンスをまとめ解説し
そして実践シートをつけているので
わかりやすく日々の仕事や考え方に生かせるように作られている。


でもわたし自身はそれほど集中できなかった。
どうしてかなー。

これは【思考編】で最近【行動編】も出ました。
でもとりあえず買わないかな。

あ、これからドラッカリアンになってみたい若者には
とっかかりとしていいかもしれません。

そういう人はこのブログを読んでないと思うけどねー。



今年はビジネス書は減らして
できるだけ自然科学やからだのことを中心に読んでいこう、
と思っているのですがたまに買ってしまう。





印象に残ったところ。

 専門職が手にする情報は、狭く深いものが多いため、ついそれだけに目を奪われてしまいがちです。しかし、専門情報は価値、つまりお金に換えてナンボという前提を忘れてしまうのは問題です。
研究のための研究や技術のための技術など、目的を喪失して得られたものは、知識ではなく情報の束にすぎません。(中略)
 真の知識とは、情報の量や質ではなく、価値という成果を意識し、特殊な言語を誰にでもわかる言葉に翻訳できる能力を伴うのです。
-------引用ここまで、太字原文まま


そうか、そうだな。
by amica-aroma | 2010-06-03 22:10 | 読書記録 | Comments(0)

新潟市のアロマテラピー教室amica(アミーカ)の川上裕子です。ここでは日記・雑記・読書記録・お知らせなどを書いています。企業で働きながら自宅・出張レッスン等で活動中。


by amica(あみーか)